トップページ > 住宅の構造 > 内装

スポンサード リンク

ローコストの部材

■ コストを抑える部材カタログ


住宅をローコストで作るには、安価な資材を使う・複雑なデザイン設計をしないなど、小さなことを積み上げていくこと肝心です。

   安価=悪い素材

ということではありません、贅沢をしないということなんです。
「カタログ」というには大雑把です恐縮ですが、例をいくつか挙げておきますね。


■ フローリングの材質

 フローリングの種類には「無垢材」と「複合材」とがあります。無垢材とは、切り出した木材をそのまま使うもので、複合材とは合板に突き板を張ったものです。
 
 一般住宅の大半は、複合材を採用することが多いようですね。
 板材の厚さは12~15ミリで、厚いほど高価となります。
 
 突き板の樹種には、ナラ・カバ・サクラ・ブナなどがあります。
 高い順に左から並べたので、一番最初の「ナラ」が一番高価です。
 
 高級品と標準品では、平米あたり5000~10000円ほどの価格の開きがあるようです。いい部材にはヒトの目をひきつける魅力があります。ローコストで建てたいと思いながらも、高価なフローリング材を使いたいならば、使う部屋を選んでください。
 
 コストをおさえつつも、インパクトのある空間が生まれます。
 
 
■ 壁と天井の仕上げ

 天井材に使われるものは、クロスや天井用のボードです。
 壁の仕上げには、クロス・ペイント・板張り・塗り壁などがあります。
 
 クロス材の単価は、平米あたり1000円程度です。施工費を入れても2000円位です。比較的安価なのに、デザインのバリエーションは豊富。選び甲斐のある素材といえます。

 壁をローコストに仕上げるなら、ペイント(塗装仕上げ)という方法もあります。手間賃が安価なうえ、DIYも可能です。色がはげてきたら、自分で塗りなおすこともできるのでメンテ代は格安です。
 
 板張りは、材料費は高いけど施工費は比較的安いところが特徴です。

 以上、3つの仕上げ材をあげました。メンテナンス重視ならペイント・板張り、施工費を気にするならペイント・クロスという風になります。
 
 最後に、「塗り壁」は、すべてにおいて高くなりがちです。
 

■ サッシは部屋の空気をつかさどる

 新築住宅の部屋は、日差しを取り入れた明るい空間がうれしいもの。
 だから、サッシは背の高いタイプを選びたいところです。
 
 高さが2m23cmもあるサッシには開放感がありますが、予算的にはコスト高です。ここはぐっと我慢して、2m3cmのものか、スタンダードな180センチ弱の高さのサイズを中心に構成するようにします。どうしても高さの高いサッシを使いたいのなら、リビングなどに場所を限定します。
 
 サッシは、高価なもので5万円前後以上、一般的なサイズなら3~4万円です。1~2万円の差なら小さいと感じますが、1ヶ所だけですむはずはありません。
 
 ちなみに、サッシのカラーはブロンズやホワイトが標準。色を黒系のにすると10%ほど高くなるといいます。

Posted by goshisuke : 21:27
< フローリングのカラー | メイン

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。