トップページ > 住宅ローン

スポンサード リンク

住宅ローンの控除

■ 住宅ローン控除はいつまで?

 住宅ローン控除はご存知知っていますか。
 住宅ローンを利用している人が最長10年間に渡って、所得税の控除を受けられる制度です。15年のタイプもあります。
 
 控除が適用される基本的な条件は「2008年3月31日までに住宅を購入・入居する」というものです。まだまだ間に合うようですが、住宅の購入を考えているのなら最後のタイミングが近づいているようです。
 
 「住宅ローン控除」を受けるには、ほかに、どのような条件を満たせばいいのでしょうか。


■ 住宅ローン控除条件一覧

1.床面積が50m2以上(登記簿面積。パンフレットの面積よりやや小さくなるので要注意!)
2.古住宅はマンションなど耐火構造は築25年以内、それ以外は築20年以内の建築後使用されたことがある住宅(2005年4月以降に取得する住宅については、この築年数を超えていても「新耐震基準」に適合する物件であれば控除が受けられる)
3.店舗・事務所などの併用住宅または増改築の場合は、居住部分が全体の床面積の2分の1以上
4.住宅を取得後、6ヶ月以内に入居し、控除を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること
5.控除を受ける年の所得が3000万円(給与所得のみの場合は年収が約3336万円)以下
6.取得した年とその前後2年間(通算5年間)に、「3000万円特別控除」や「居住用財産の買い換え特例」などを受けていないこと
7.住宅ローンは、建物および敷地を取得するための返済期間10年以上のローンであること(金利が年1%未満の社内融資や、親や親戚から個人的に借りる場合などは対象外)

 上記を一言で言い表すならば。
 
 「普通の所得の人が、住むためにローンで建てた(買った)住宅に対する特典」
 
 と、いったところでしょうか。


■ 控除の割合。

 控除が受けられるのは建てた年からですが、サラリーマンは年末調整に間に合わないので、初年度だけは確定申告が必要となります。気になる控除額ですが、次のようになっています。

 控除期間10年なら
 
    1年目~ 6年目の控除 1.0%
    7年目~10年目の控除 0.5%
 
 控除期間15年なら
    1年目~10年目の控除 0.6%
   11年目~15年目の控除 0.4%


 減税される金額は年ごとに変わっていってます。この控除が導入された当初は、最大500万円も戻ってくるという触れ込みでした。それが年々減少していって、最終年の2008年は最大180万円程度・・・
 
 控除の上限は毎年違っています。2007年だと2500万円までですが、2008年なら2000万円に下がります。控除率は変わらないので、この最大控除額の違いが減税額の違いになります。
 
 減税額の差は、10年控除なら最大で40万円。2007年に入居するほうが得ということです。また、10年控除と15年控除のどちらを選択すればいいかというと、月収が25万円以上なら迷わず10年がお得です。
 
 「住宅ローン控除」は不況時代の産物で、住宅購買促進の色合いが強い控除制度です。好況となった現在、予定通り2008年で終了するのはやむをえないことかもしれません。

Posted by goshisuke : 22:02
< ローン返済のあれこれ | メイン

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。