トップページ > 2007年10月

スポンサード リンク

政府が200年住宅構想

■ 住宅の概念が変わる??

政府は、「200年住宅」と構想を取り入れました。

日本の住宅といえば、木造が多いですね。建てた住宅の耐久年数は30年程度。50年もてばいいとされます。
でも、ローンの支払いは、時に30年にも及びます。

住宅の支払いを終えたとたんに、建替え時期になるなんて、個人の所有物とはいえません。賃貸住宅と代わりがないわけです。政府は、そこのところに、てこ入れを始めました。

建て替えずに何世代にもわたって住み続けることが可能な「200年住宅(超長期住宅)」の普及に取り組む方針を決めたのです。

耐久性・耐震性に優れた住宅の建築を促して、「長期の点検」「修繕制度」を組み合わせることで、建て替えの負担や廃材による環境破壊を軽減するのが狙いです。

これは、福田首相肝いりの政策を具体化するもので、政府は優遇税制などを盛り込んだ「住宅長期利用促進法案」を2008の通常国会に提出します。民主党の賛同を得られるかどうかは微妙だけども、「共生」を掲げる民主党の賛成も得て成立にこぎつけたいと考えています。

■ 200年の意義

「200年住宅」は、高品質の戸建てやマンションを建築し、維持・補修を制度化することで資産価値を長期間保つという構想です。実現するかどうかは、これからの話です。

200年昔の建物というと、大正・昭和の文化財よりも古い建造物ということ。明治期の建造物ですね。歴史レベルの建物が、そこかしこに当たり前のように建てられるというのは、将来的に日本の観光価値が高まるということ。

建てた家が、そのように孫の孫まで伝えられるなんて、夢のある話です。住宅の価格は高くなるかもしれませんが、100年ローンでも元が取れます。

ぜひとも、実現させてほしいですね。

Posted by goshisuke : 20:10
< マイホームプアからの脱却 | メイン | 住宅基準法 2007の改訂 >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。