トップページ > 2007年06月

スポンサード リンク

業者による見積りの違い

■ 設計会社とハウスメーカー・工務店の見積りの違い


 住宅の計画滞っていませんか?

 住宅を建てるには、数々のケースバイケースがあります。
 土地を探したり、間取りを考えたり。階段をのぼるように一つずつ手順を踏んで理想の住まいへと突き進んでいきます。
 
 見積りをとる場合も同様です。
 設計・施工をどこに頼んだかによって若干の違いがあるのです。
 
 見積り書の違いについて、主に、設計会社を中心に説明していきますね。


■ 設計会社とハウスメーカーの見積りタイミング

 住宅の建設をハウスメーカーに注文する場合は、展示場などで複数のハウスメーカーに見積書を依頼します。
 
 これは、工務店の場合も同様で、あまり違いがありません。
 ハウスメーカーや工務店などは、設計と施工が一つなぎに進んでいくことが多いので、最初に依頼した見積りが、後々の設計・施工を見る目安になるのです。
 
 これが、設計会社だと手順は違ってきます。
 
 設計会社に依頼するケースでは、施工会社を選択する段階で、複数の施工会社に見積もりを依頼します。仕様書や概要書などの設計図書ができてから見積書となるのです。


■ ハウスメーカーと工務店の見積り書
 
 見積書には設計図書と同様に、新しい住宅への希望事項が具体的に表現されています。同時に建てる側の姿勢や方向性のようなものも見て取れます。
 
 見積書の種類ですが、ハウスメーカー・工務店などによって、大きく違ってきます。
 
 ハウスメーカーのプレハブ工法など規格型の住宅を建てる場合には、高度に工場生産された、より完成品に近い家作りとなります。建物そのものの図面をあまり必要としないので、見積書の内容もほとんど「標準仕様一式いくら」のような表現になっています。
 
 ただし、自由設計の見積もりであれば、ハウスメーカーであっても、建物を部位ごとに分けて算出した「部位見積もり」が作成がされます。
 工務店では、工事の種類ごとに金額をまとめる「工種別見積もり」が一般的です。
 

■ で、設計会社の見積書は?

 先に書いたとおり、設計会社に設計を頼んだ場合には、施工先を別に選ばなくてはいけないので、複数の業者に見積もりを依頼することになります。設計内容に見合ったレベルを、施工実績や地域性を考えて、期限を決めて依頼するのです。
 
 工務店の経営状況・得手不得手・材料の相場など、さまざまな条件によって、見積もりにも差がでます。図面の解釈やデザインに対する経験の有無によって金額に違いがでることはいたしかたありません。なるべくローコストにしたいところですが、安かろう悪かろうでは問題外です。そういうことから、最低でも3社以上から見積りを取りましょう。見積り書のチェックは、設計会社がやってくれます。

 
 どこに見積りを出そうとも、契約を交わす前ならいくらでも変更の余地はあります。
 あんまり、ガチガチに決め込まずに、業者選びは柔軟に対応したいとこです。
 
 なんだか、取り留めの無い説明になってしまいましたね・・・

Posted by goshisuke : 22:30
< 欠陥住宅とはなにか | メイン | 眠れる住宅 >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。