トップページ > 2007年03月

スポンサード リンク

住宅ローンの仕組み

■ 住宅ローンの仕組み

 住宅をどれだけ安く建てられるのかは、小さなコストダウンの積み重ねがモノをいいます。しかし、全体的な住宅資金が計画されていなければ、コストダウンの計画も成り立ちません。自己資金はどれくらいか、どこからいくら借りるのか。資金計画の全体像を整理するところから、住宅建築が始まります。

 住宅のローンは担保型ローン。つまり、土地や建物に抵当権を設定するローンです。
 これは、どうしても返済ができなくなったような万一の場合に、融資先が土地や建物を処分してお金を回収するシステムです。返済が終了するまでは、「自分の家であってないような、居心地の悪さを感じるのでは?」とお思いでしょうが、担保が設定できる分だけ、低金利かつ長期で返済できるところが長所といえます。


■ ローンと自己資金の割合は?

 住宅ローンの融資額は、原則として工事費の80%です。残りが20%だから、自己資金も20%だけ用意すればいいのかというと、そうはなりません。住宅建築には、工事費以外にも現金払いの諸費用が必要だからです。

 諸費用はいくらになるかはケースバイケース。
 工事費の10%を見込むとすれば、
 
 2000万円の住宅なら、諸費用は200万円です。
 3000万円の住宅なら、諸費用は300万円です。
 
 2000万円の住宅計画なら、資金の借り入れ割合が80%で金額は1600万円。よって諸経費の200万円を加えた600万円が自己資金額となる計算です。ただし、600万円用意できたからといって喜んではいけません。のほほんとしていると、思いもかけない出費が生じるものです。10%はあくまで概算に過ぎないので、しっかり計算をして信憑性の高い計画金額をはじきだしてください。


■ あたり前ですが・・・

 ローンは、借り入れた金額と期間によって最終的な返済金額が違ってきます。
 短期返済は、合計金額は低くいのですが、毎月の返済額が大きくなります。収入や資産に余裕のある人にしか向いてません。反対に、長期返済は、月に返す金額を低く設定することができますが、最終的な返済額は大きくなります。

 気になる金利はどうでしょうか。金利も、契約の種類によって、返済額に大きく影響します。
 金利には、固定金利型と変動金利型とがありますが、最近ではこの二つをあわせたような返済プランもあります。バリエーションが増えたいうことは、ライフスタイルに合わせやすくなったともいえます。
 
 「全期間固定型」は、返済の全期間、金利がいっさい変わらないローンです。
 「変動金利型」は、金利を年に2回見直し、5年に一度返済額を変更するローンタイプです。
 「段階金利型」と「固定期間指定型」がこの2つの間にあります。


 自己資金をどれだけ用意できるのか、毎月の収入と出費は現在と将来でどう変わっていくのか。
 それを踏まえると、住宅建築にかける予算概要が見えてきます。

Posted by goshisuke : 21:58
< 住宅ローンの種類 | メイン | ローン返済のあれこれ >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。