トップページ >> 中古マンション

スポンサード リンク

中古マンション

■ マンションは 新築?中古?

 中古マンションは根強い人気があります。
 新築マンションは新しくて見栄えがいいですね。確かに魅力的ですが、新築だけが素晴らしいわけではありません。中古マンション=価格は安いけれど品質は悪い、とは一概に言えない部分もあるからです。
 
 中古といっても、状態はさまざま。築年数が新しい場合はそのまま住む、年数が経っている場合は自分好みにリフォームして住むなど色々なパターンがありますが、人気の理由はどこにあるのでしょうか?
 価格だけではない中古マンション購入のメリットを再確認してみましょう。
 
 
■ 中古マンションのメリット

 中古マンションのメリットといえば、『価格の安さ』と『立地条件の良さ』がまず挙げられるでしょう。
 平均すると、中古マンションの価格は新築マンションの価格の半値くらいになります。一般には、築年数でおおよその価格がきまってきます。築年数が古い物件は平均よりも安く、逆に新しい物件は平均よりも高くなります。

 価格が安いことから、新築では手が出ない駅周辺や人気の地区などの好立地で探すことも可能です。
 
 新築マンションの立派なモデルルームと違い、実際の部屋を見て触って決めることも出来ます。新築マンションは建設中に販売されるので実際の建物を見られる機会は極めて少ないのです。購入前に部屋の状況や設備の状況を確認することが出来るのは安心ですね。生活に欠かせない、スーパーマーケット、病院に始まり、学校、役所などの公的機関や銀行などの周辺環境も吟味することができます。
 
 更には、両隣や上下階にどんな家族が住んでいるか、住民には若い人が多いか年配の人が多いかなどの傾向や、内部の環境も前もって確認することができます。また、管理人が常勤または住み込みかどうか、配管、外壁、駐車場などの共有部分の長期修繕計画の有無や実施状況など建物の維持管理の状態なども確認することができます。

■ リフォームという方法

 購入してからリフォームを施すという方法もあります。
 物件の購入費用が抑えられた分、リフォームに予算を回して室内を自分の好みに変えてしまう人も少なからずいます。
 
 最近では、間取り変更などの大規模な改修を済ませた「リノベーションマンション」と言う物件も出始めました。マンションは中古なのに、間取りは新築状態です。これなら自分でリフォーム業者を探したり、ローンを申し込んだりしなくて済むので、気に入った物件があればトータルで見てお買い得になります。

 マンションを求めるには、新築の方が長く住めそうです。でも、中古にも上記のようなメリットがたくさんあります。新築マンションにこだわらず、中古マンションを選ぶのも賢い買い方かもしれませんね。
 一度、中古マンションも探してみてはいかがでしょうか。

Posted by goshisuke : 10:21
< リノベーションハウス | メイン

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。