トップページ > > > 古い家屋の倒壊とリフォーム

スポンサード リンク

古い家屋の倒壊とリフォーム

■ 古い家屋の倒壊とリフォーム

地震のおおい日本ですが、地震が起きるたびに住宅の強度に変更が盛り込まれます。住宅設計の指針となっている大本は、宮城県沖地震以降に施行された建築基準法といわれますが、それ以後も前例のない大地震が起こるたび、住宅に求められる強度が高くなっていってます。

新潟県中越沖地震で浮き彫りとなったのは、古い家屋のリフォームでしょう。
古い瓦屋根の家屋のかなりの数が、全壊したのです。

水道・電気・ガスのライフラインは、ずたずた。
被災地は、お年寄りの多い古い町でした。
長年暮らしてきた家だということで、ほとんど人は、新しく家を建てる必要性を感じませんでした。

また、リフォームするには、百万円を超えるお金がかかります。
当然ながら、地震保険に入れるほど、新しい家ではありません。

地震で倒れるのを免れた住宅も、一見、立ってはいるようだけど、いつ倒れてもおかしくない危険な家が多い聴きます。町が崩壊したとっても過言ではないようです。

家屋を強くすることは、できます。
筋交いを多く入れて、どの方向のゆれでも、対応できるようにするのです。

最新の技術では、襖(ふすま)を使うリフォームがあるそうです。
使っている襖を、金属製の筋交いを入れた襖に、入れ替えるのです。

古い日本住宅は、木造の和室構造ですから、いわば襖だらけ。
簡単で即効性の高いリフォームということで、引き合いがくるはずです。

「筋交いを入れたユニットの交換」ということなので、襖に限らず、ドア・壁、なんでも応用が利きそうですね。


これから建てるなら、住宅の前に「土地」です。
家はお金しだいでどうにでもなりますが、太古からの積み重ねの「地形と地盤」は、補修はできません。

Posted by goshisuke : 22:26
< 安全な土地選び | メイン

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。