トップページ > > > 安全な土地選び

スポンサード リンク

安全な土地選び

■ 安全な住宅地域を選ぶステップ

 当たり前ですが・・・家を建てるには、土地が必要です。
 
 自分の土地を持っている人は、そこに建てればいいですし、住みたい場所が決まっているなら、その地域に当たって土地を探すことになります。ただし、住宅の土地探しは、安全性を最優先としてください。
 
 土地つきで注文住宅を建てたいなら、
 
 1.「コスト」をはじき出す。
 2.「安全」な土地をピックアップする。
 3.「住んでもよい」ところを選ぶ。
 
 このステップが、土地選びの正しい探し方だと思ってます。
 「住みたい」地域とは必ずしも一致しないかもしれません。すべてにおいて「大満足」ということにはならないかもしれません。でも、将来的な快適と安心を買うのが住宅なんです。
 

■ 家を建てる場所

 住んで快適な地域と言えば、交通・買い物・施設の利便性を考えそうですね。つけ加えるなら、自然環境や景観もとりいれたいところです。とりあえず、これらは横においておきます。安全性を重視するのですから、買い物などは二の次です。
 
 ここでちょっとだけ、近年の災害を思い出してみてください。
 
  洪水
  津波
  大波
  地震
  台風
  土砂災害
 
 などなど、いくらでも思いつきます。竜巻まで発生しました。
 これら、天候や災害の状況を逆に考えれば、どこの土地・どのような地盤が安全なのか、ある程度見当がつくものです。

 □ 水に対する安全性。
 
  沿岸部や大きな河川の側は危険です。また、河川とは無縁のようで、意外に危険なのが、下流部の低地帯です。上流で大きな支流がいくつも分岐合流していたり、堤防が低くなっていたり、川の方が住宅地域よりも高い土地などは、大きな水害になる危険性が高いのです。
  
  こうした地形は、珍しくありません。住むなんてもってのほかですが、日本には結構多い形態なんです。
  温暖化の影響で、年々、雨の量が増えています。その上、海水面も上昇しているのですから、遠くない将来、海や河川など、水近辺の集落は破綻すると考えます。破綻とまでは、ならないまでも、これから建築するには、リスクが高すぎるといえます。わざわざ選ぶ土地ではありません。
  
 □ 土砂に対する安全性。
 
  長雨などで緩んだ地盤が、下流部に向かって押し寄せるのが土砂災害です。「土石流」といいますが、地震が引き金になることもあります。上から流れてくる土石流に遭う場合と、自分の住宅の地盤が崩れて土石流になる場合とが考えられますね。これを避けるためには、山すそや、急な斜面の土地は購入しないようにします。
 
 
■ 住宅に適した地盤と地形

 では、どこの土地がいいのでしょうか。
 極端に地盤の高い土地や低地でなければ、比較的安全に住めるともいえます。上記のことを踏まえて、引き算をすれば、緩やかな斜面(=丘の上)に住まいを作るのがベターではないか言えます。
 
 丘ならば、風がよく通ります。地盤についても、砂層や礫層が厚く堆積している可能性が高いですね。地面がさらさらしていれば、湿気の心配も少ないので、木造構造物の寿命が長くなります。また、地すべりや地盤沈下の危険が非常に少ないことから、基礎コストも低く抑えられます。土地が高い位置にあるので、洪水でも水が押し寄せない。などなど、いいこと尽くめです。
 
 ただし、こういう土地は先住民族が多いところが問題かもしれません。
 昔から集落として発達してきているので、すでに大きな街になっていることが多い。よって、土地価格が高い傾向にあるのです。
 
 土地選びはたいへんです。考えれば考えるほど条件が狭くなってきます。最初に言ったとおり、コスト面と安全性のバランスを取りつつ、土地を探すことです。ある程度絞れたところで、交通・買い物・施設の利便性といった、好みの社会的環境をとりいれた場所を決定してください。

Posted by goshisuke : 17:05
< 住宅地の選び方 | メイン | 古い家屋の倒壊とリフォーム >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。