トップページ > > > 照明器具

スポンサード リンク

照明器具

インテリアは家具や寝具が世の中、昼もあれば夜もある。住宅にも、夜はやってきます。
住宅の夜と言えば照明が欠かせません。
部屋を彩る大事なアイテム。照明は、夜のインテリアの中心なんです。

ところで。

「照明はインテリア」といっても、どこから手をつけていいか、どうにもわからない。
照明にも種類があり、それぞれ用途を持っています。


■ 照明の名前と特徴


 シーリングライト
  天井に、直に付ける照明。全般に照らすのでメインの照明とされることが多い。

 シャンデリア
  複数の灯りで構成されるのがシャンデリア、装飾的な効果で空間を華やかにします

 吹き抜けシャンデリア
  高い天井から、チェーンやコードで吊り下げる。

 ブラケット
  壁につける灯り。局所を照らします。アクセントとして効果アリ。

 スポットライト
  特定の対象に灯をあてる。
  天井からのスポットライトは、シーリングスポットと呼ぶ。

 ペンダントライト
  天井から吊り下げる。全般の照明としても使われるが、食卓用にもおしゃれに設けたい。

 ダウンライト
  天井に埋め込む照明。照らす範囲が狭いので、アクセントとして、メインの灯とコンビネーションさせる。

 フロアスタンド
  部屋のコーナーに立てる照明。手軽に移動できる。

 テーブルスタンド
  卓上で、対象物を照らす

 足元灯
  床面近くの壁に取り付ける照明。夜中にトイレにいくときなど、足元を照らしてくれるのがうれしい。

 ポーチ灯・門柱灯
  玄関や門の柱に取り付ける灯り。

 ガーデンライト
  庭やアプローチを照らす。景観と防犯を兼ね備えた照明。
  


■ 基本の基本??

 リビング照明としてはずせないのが、シーリングライトやペンダントライト。
 どちらかをメインにして、補助でダウンライトやブラケットを設置するのがいいですね。
 
 よくやってしまう勘違いに、「間接灯」があります。
 雰囲気をだそうと、間接的な灯ろのみでリビング照明を設計してしまうと後で困ります。リビングはくつろぎの部屋であるとともに、実務の部屋ともなります。間接照明ばかりでは、文字が読みにくくなったり、普段の生活に支障をきたすことがあるのです。
 
 間接照明を使いたいのなら、別に、普通の灯りがとれる照明機器もつけることを忘れずに。

Posted by goshisuke : 21:46
< インテリア外観 | メイン

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。