トップページ > > > インテリア外観

スポンサード リンク

インテリア外観

■ 外観というインテリア

 住宅のインテリアといえば、机やベッドやタンスなどの家具。または、テレビやステレオなどの、電化製品のことが思いつきます。どちらにしても、室内空間を彩りながら、ライフスタイルの要になるものです。

 では、庭木や門は、どうでしょうか。
 外周りにある庭木や門なんかも、大きく解釈すれば、インテリアに含まれるのではないでしょうか(??)。そこで。ここでは、家の外回りを考えることにします。


■ 庭のワンポイントインテリア

 「庭」に一番似合うインテリアは、何といっても「木」です。
 「狭い庭に、デザインなんかできない」と考える方も多いでしょうが、それならば、少し大きめの「木」を植えてはいかがでしょう。
 
 あまり高い必要はありません。
 1~2mくらいの木がシンボルとして一本あるだけで、インパクトのある庭に見えるものです。
 
 
■ 外構え

 住宅の外構えは、見た目が肝心です。
 ぱっと見の雰囲気は、暗いよりも明るいほうがいいのですが、明るい色や混色のタイルを使いすぎると、派手で、落着きのない外構えとなってしまいます。外構えのコツは「色使い」。建物の色に合わせたり、単色でまとめることで、落ち着きと統一感のある空間が得られますね。


■ アプローチ

 門から建物の玄関までの間のことを「アプローチ」といいますが、アプローチのつくりも、外構えと同様に考えます。床の仕上げ材の素材や色が不ぞろいだと、見た目が建物とアンバランスになります。玄関の踏み込み部分と同一の素材を用いることで、抵抗感のないアプローチが実現できます。一般的な床素材としては、クリンカータイルやレンガ・平板ブロックなどで、高級素材としては、大理石・花崗石・磁器タイルなどもあります。予算が合うなら、高級素材もいいものです。

 アプローチは、住宅の第一印象を決める大事な場所。家の外と中とを仕切る、特別な空間でもあります。距離が長く、奥行きが深いほどに、魅力的で独特の空間となります。
 
 実際の距離が短いのなら、門と玄関の位置をずらすことで、不足する距離感を補うことが可能となります。
 
 
■ ガレージ


 最後にガレージです。
 
 建物の一部にガレージを設置する場合、述べ床面積の1/6以内に収めれば、建築基準法では床面積として加算されません。ガレージの設置法は、建物前面の道路幅などの敷地条件で変って来ます。ガレージと建物の幅や連絡路にも配慮して、家の中に直接入れるような設計が理想的です。

Posted by goshisuke : 22:08
メイン | 照明器具 >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。