トップページ >> 邪魔にならないドア

スポンサード リンク

邪魔にならないドア

■ 収納スペースは、押し入れかクローゼットか

 収納といえば、クローゼットはもちろん欠かせません。
 クローゼット=押入れのことですね。「押入れ」と言ってしまうと、空間をしまいこむ扉は「フスマ」に絞られる感がありますが、クローゼットと呼ぶならば、もっと自由なアイデアを扉に取りいれることができそうです。
 

■ 扉と家具の位置

 クローゼットの扉といえば、横に引く「引き戸型」が一般的ですが、手前に引っ張る「ドア型」もありです。
 忘れていけないのは、戸を開けときにほかの邪魔にならないこと。
 
 出入り口の影にテレビをおいたりしてませんか?
 誰かが出入りするたびにテレビが隠れてしまうなんてことが、狭い家ではありがちです。
 もちろん、テレビだけには限りませんが。

 さて、テレビについてですが(おいおいっ)

 システム収納などを使えば、テレビも、収納スペースに収めてしまうことができます。
4枚スライドドアの収納スペースなら、中央の扉を開ければ、真ん中に置いたテレビが見られるわけです。扉を閉めてしまえば、テレビもほかの物も目につかないのが嬉しいシステムですね。

 ところが、テレビを見ているときに問題が発生します。
 
 このシステムでは、クローゼットの物を取り出すときには、扉を動かさなくてはなりません。テレビを見ている場合には真中が開いていますが、とりたいものがクローゼットの横の方にあったりすると、扉を動かさないと物が取れません。扉をいったん真中に動かさなければ物が取れないので、テレビテレビが遮られることになるのです。
 
 せっかくの楽しいテレビ。こんなことで面白い場面が邪魔されるのは「イタイ」
 

■ テレビ見たけりゃ・・・

 いい方法・・・というか、いいドアがあります。
 蝶番がついていて、カーテン状に折れ曲がるドアです。「折り戸」と呼ぶようです。

 ドアがカーテン状に折れるということは、クローゼットの片面にすべてのドアを寄せることもできます。全面開放できるので、配置換えは楽チンです。スライドできるスペースがないような、狭いクローゼットなどでは、よく使われていますので、見たことがあるのでは。

 ドアの種類は「折り戸」です。覚えておいてください。

Posted by goshisuke : 22:08
< RC住宅の構造と寿命 | メイン | 団塊世代に平屋がブーム >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。