トップページ >> 外断熱の特徴

スポンサード リンク

外断熱の特徴

■ 断熱材について

 最近、特に耳にするようになった「外断熱」の家。
 たくさんの本がも出ていますし、住宅雑誌などでもすっかりお馴染みの言葉です。

「 外断熱 」
 
 言葉だけが、独り歩きしている感もありますが、外断熱とは何か。改めておさらいしてみましょう。


■ 外断熱工法って?


 住宅を建てる時に、断熱材を柱と柱の間に入れるのが充填断熱・軸間断熱工法です。
 通称、「内断熱」と言います。

 これに対し、柱の外側から断熱材を貼るのが外張り断熱工法。
 通称「外断熱」です。

 昔から、木造住宅には「グラスウール」や「ロックウール」などの綿状断熱材を使った内断熱が採用されていました。これに対して、建物の外側からポリスチレンフォーム・ウレタンなど板状の断熱材を張っていくのが外断熱工法です。単純に考えれば、内と外の違いだけです。だけども、「外断熱」にもメリット・デメリッがあります。

■ メリットとデメリット

 外断熱とはどういう工法で、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
 以下は、代表的な長所・短所です。
 
 □メリット
 
 1.内断熱のように、柱などの構造体で断熱が途切れない。
 2.建物の形状がシンプルな場合、隙間風を防ぐ気密工事が非常に効果的に出来る。
 3.大工さんが施工がしやすいため、工事の手間が減る。

 □デメリット
 
 1.断熱材の厚さに制約があり、寒冷地の一部では次世代省エネルギー基準に対応しにくい。
 2.断熱材の上に外壁材があるので、壁の厚みが増え。地震などの時外壁材が落ちるなど多少不安が残る。
 3.コストがかかる。

 
■ 断熱の選択

 外断熱のメリット・デメリットは、裏を返せば内断熱のメリット・デメリットになるケースが多いのです。どちらの断熱工法が優れているというのではなく、どちらの工法でもきちんと施工すれば、快適な家はできるのです。
 
 「外断熱はもう古い」
 「内断熱はよくない」
 
 このような、一部の人の意見に惑わされず、それぞれの良さを理解しきちんと施工すれば、どちらもいい家はできるのです。流行だからといって妄信的に断熱工法を決めるのではなく、きちっとメリット・デメリットを理解した上で決めるのが大切です。
 
 快適な家造りには、「総合的な捕らえ方」がポイントとなります。
 夏に涼しく、冬に暖かい省エネ住宅は窓の種類や大きさも重要な要素です。夏のクーラーや冬の暖房の効きの良さは、断熱工法はもちろんですが、「ペアガラスの樹脂サッシ」といった窓の種類・大きさにも注意を払う事も肝要です。
 
 住宅会社によって、断熱工法に対する考え方はさまざま。
 じっくり比べて、分からない事は遠慮なく聞きましょう。

Posted by goshisuke : 21:24
< 2×4住宅とは | メイン | 屋根の形と素材 >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。