トップページ >> RC住宅の構造と寿命

スポンサード リンク

RC住宅の構造と寿命

■ 住宅の構造に悩もう!

 家を建てるとき、最初に考えることはなんでしょうか?
間取り・部屋数・階数・水周り

 どれもこれも大事です。頭が痛いものです。
 でも、さしあたっての分岐点は、「木造か鉄筋か」を決めることでしょう。

 耐震性や地盤の強度・周囲の環境や景観
 そして、なによりもコストによって家のスタイルは決まります。
 
 木造にしようか、それとも鉄筋がいいか。
 
 結論からいえば、どちらでもいいのですけど、ここでは鉄筋コンクリート住宅について、少々説明します。


■ 鉄筋コンクリート住宅の特徴

 鉄筋コンクリート構造の住宅は(RC住宅ともいいます)、引っ張りに強い鉄の特徴と、圧縮に強いコンクリートの特徴を併せ持った住宅です。耐震性・耐火性・耐久性に優れているので、とにかく災害に強い。家事が多そうな込み入った都内でも、風が強そうな田舎町でも、適応性が高いということですね。
 
 ただし、長所ばかりではありません。
 
 鉄筋コンクリは、コンクリートをアルカリ性にすることで、酸化を防いでいます。酸化すると内部の鉄筋が錆びてきます。錆が入った鉄筋は、腐食を起すと強度が低下してくるのです。酸化させないためには、早めのメンテナンスが必要です。補修や塗装をすることで、ひび割れの改善や酸性雨の浸透を防止することができます。


■ 鉄筋の寿命は?

 鉄筋コンクリートは、木造のように腐ったり接合部分が緩んだりすることがありません。そのため、対応年数が長いのも大きな特徴といえます。
 
 対応年数は、一般に60年と言われています。
 
 施工の状況や、鉄筋の被り厚さ(鉄筋を被っているコンクリートの厚さ)、塗装の種類、メンテナンスなどによっても対応年数はかなり違ってきますが、通常では60年というのです。
 
 実は耐久性や、重さあたりの強度だけを見れば、RCよりも、木の方が強いとされています。しかし、悲しいかな。木は湿気や腐食などに非常に弱い。長いこと居住するには、メンテナンスコストが非常に高くつくらしいのです。

 木造住宅が、20~25年で立て替えられている現実を考えると、RC構造の方が寿命は長そうです。

Posted by goshisuke : 20:28
< 屋根建材の種類・耐久性・品質 | メイン | 邪魔にならないドア >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。