トップページ >> 住宅の用途地域

スポンサード リンク

住宅の用途地域

■ 住宅はどこに建てられるのか

 建築基準法では「用途地域」によって、建築できる建物を定めています。
 住宅を建てられる地域といえば、「市街化地域」が頭に浮かびますが、市街化区域だからといって、なんでもかんでも建てられるわけではないのです。
 
 逆に、市街化地域以外の地域でも、条件が合えば住宅が建てられる場合もあります。住みたい場所や住んでいる場所がどのような地域か。

■ 用途地域とは?

 住居系

 第一種低層住居専用地域
   →低層住宅の良好な環境を保護する地域
 第二種低層住居専用地域
   →低層住宅のための地域・小規模な店舗は可能
 第一種中高層住居専用地域
   →中高層住宅のための地域・住宅以外の建築物には制限がある
 第二種中高層住居専用地域
   →中高層住宅のための地域・住宅以外にも建築可能な建物が増える
 第一種住居地域
   →大規模な店舗や事務所の立地を制限する地域
 第二種住居地域
   →工場や劇場は建てられない
 準住居地域
   →小規模な作業所などと住宅が混在する地域

 商業系
 
 近隣商業地域
   →商業施設と住宅が混在する地域
 商業地域
   →店舗や事務所などのための地域

 工業系
 
 準工業地域
   →危険物の取り扱いを除く工業のための地域
 工業地域
   →工業のための地域
 工業専用地域
   →工業専用なので住宅は建てられない


 これらの用途地域では、地域ごとに建物の高さ・種類などが決められています。
 
 
■ いわゆる調整区域とは
 
 市街化調整区域とは、都市計画区域の中で、市街化を抑制する意味を持った区域をいいます。
 山林地帯や農地などが中心で、人口及び産業の都市への急激な集中による無秩序、無計画な発展を防止しようとする役割を持ちます。

 市街化調整区域には、住居も含め建物は許可なく建てられませんが、例外もあります。
 
  農林漁業用に限ったある一定の建築物。
  国・都道府県・指定都市が建てる建造物。
  都市計画事業の施工として行う建造物。
  都市区画整理の一環として行う場合。
  非常災害の応急措置として行う建築物。
  仮設建築物など。

 市街化調整区域は、市街地に隣接するなど、便利な区域であることが多いようです。誰もが住宅地として欲しがる位置にあることから、偽って販売をもちかける「悪徳業者」もあります。住宅メーカーや不動産屋まかせにしないで、自分でも住宅が建てられるかどうかを把握しておきましょう。

Posted by goshisuke : 14:24
メイン | 土地の価格を調べる >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。