トップページ >> 家庭用の火災報知器

スポンサード リンク

家庭用の火災報知器

■ 火災の原因

 「住宅の敵」と聞いてなにを思い浮かべますか?
 
 地震?
 土石流?
 台風?
 
 どれももっともですが、さらに身近でいつ起こってもおかしくない「敵」がもうひとつあります。
 それは、火災。
 
 地震のゆれで、住宅が倒壊することがありますが、それは地震の規模がとてつもなく大きい場合です。小~中規模の地震では、揺れて壊れるよりもゆれの影響で、火災が発生するほうが可能性が高いし、よっぽど恐ろしいといえます。

 火災の発生原因は、なんといってもタバコとコンロ。自動的に炎が消えるようなガスシステムや、HI調理器が普及した結果、吹き零れが原因の火災は減少しているようなのですが、空炊きや油料理が原因なんでしょうか。コンロの火災が少なくなるのはまだまだ先のようです。
 
 火災の原因で比較的多いものに「放火や、放火の疑い」というのがあります。これは悲しむべきことです。憂さ晴らしなのか、魔が差したのか、動機は火を点けた本人にしかわかりません。燃やされた側にとって、将来を奪われるわけです。火災で一番多いのが、「原因不明」や「その他」です。その他というのは、統計に載ってこない意外な事由の火災を集めた総計です。
 
 どれほど用心しても思ってもみない形で、起こってしまうのが火災です。
 火災原因で「原因不明」や「その他」が多いというのは、象徴といえるでしょう。


■ 住宅用火災警報器

 原因が不明ということは、いくら用心しても足りないことになります。
 住宅用の火災警報器を付けていますか?
 火元がそこにあれば、誰でも、多少は気をつけるものです。
 
 でも、コンセントやテレビ、果ては窓の金魚鉢が原因で出火するのでは、どこに注意してよいのか、まったくわかりません。四六時中、家の中のすべてに目を光らせなければいけないのでは、寝る暇もありません。
 住宅用の火災警報器を、つけてください。
 
 「お? こいつ 強気だな!」と、思いませんでしたか?
 
 「『つけてください』と命令するとは、生意気なやつ」と感じたでしょう。
 
 実は、強気には理由があります。



■ 火災警報器設置は消防法で義務化。

 独居高齢者の増加や核家族化の進行により、住宅火災は近年増加の一途をたどっています。それは、今後も増加する傾向にあり、見過ごすわけにはいきません。住宅用火災警報器の設置は、政府や関係機関の間で、長年にわたって検討されてきました。

 平成16年6月に消防法が改正、公布されました。住宅用火災警報器を設置することが義務化が決定されたのです。
 
 平成18年6月1日より、新築、改築住宅に住宅用火災警報器の設置が義務化されました。
 新築、改築以外のその他既存の住宅についても、各自治体の条例によって義務化されます。
 遅くとも、平成23年6月までに義務化されるのです。
 
 いまのところ罰則規定はありません。今後、警報機のない住宅とある住宅の火災被害の統計がはっきりするにつれて、なんらかの罰則が設けられてもおかしくはありません。


■ 火災警報器の設置場所

 火災警報器を取り付ける場所は、おおむね決まっています。やたらと設置しても、意味が無駄になってしまいます。
 
   キッチンなどの火の元。
   タバコを吸いそうな居間や寝室。
   全体を取り仕切るいみで、2階の階段の上。
   
 

 警報機には熱式と煙式という、二つのタイプがあります。
 熱式は、火災で高温になった時、音声で知らせる火災警報器です。天ぷら油などを使用する台所には最適ですね。煙式は、火災で発生した煙をセンサーで感知し、音声や光でお知らせします。
 
 実際の火災では熱より早く煙が広がりますので、煙式の方をおすすめします。

Posted by goshisuke : 10:17
< シックハウス症候群 | メイン | 欠陥住宅裁判 >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。