トップページ >> 眠れる住宅

スポンサード リンク

眠れる住宅


室内の環境で、眠りの質が違います

 十分に睡眠してますか?
 毎日毎日、何かと忙しい日々を送っていますが、十分な睡眠が取れていと感じている方も多いのでは?
 
 充実した眠りを手に入れるには、睡眠に適した室内環境をつくることが大事です。
 とくに部屋の温度(室温)は眠りの質に大きく影響します。
 
 暑さ・寒さでなかなか寝付けなかった経験は、どなたにもあるはずですが、睡眠に適した温度を気にすることはないのでは?
 
 睡眠に最も適した温度があるのです。。


熟睡に最適な室内温度はなんだ?

 個人差はありますが、熟睡に最適な室内温度は、夏は25℃前後で、冬は13℃前後といわれています。
 
 ある実験によれば、目覚めた時の満足感や爽快感は25℃の環境で眠った人たちに最も多いそうで、28℃まではまあまあの満足感を得られる割合が高かったのです。しかし、それ以上の室温になると、身体をひんぱんに動かす浅い眠りが目立つようになって、目覚めた後も眠気・だるさを訴えるケースがとても多かったということなのです。
 
 しっかり寝ると、身体も動かないんですねぇ。
 では、いったいどうすれば、充実した眠りをもたらす25℃に近い室内環境が実現できるのでしょう?


夏・暑さを防いで、よく眠れる家にするには?

 2点あります。

 1点目は、今日からできる昼間の日射対策です。
 夏の時期は、とくに西側の窓はほぼ垂直に陽射しを受けます。部屋に入ってくる日差しは、熱と一緒に侵入します。この熱エネルギーが、実は、ものすごーく大きいのです。1m2あたりの熱量は、なんと、電気ストーブ1台分と同じだというのです。
 
 高気密住宅においては、熱エネルギーをより室内に溜めこんでしまいやすいので、夜の寝苦しさの大きな原因になります。
 
 熱の不快さを防ぐ秘訣は、窓の外側で日射を遮ることです。
 窓の内側のカーテンなどで防ごうとしても、望んだほどの効果はありません。実は、50%以上の日射熱が室内に侵入し、こもってしまうのです。しかし、窓の外側にスクリーンなどを設ければ、約70%もの日射熱をシャットアウト。うだるような暑さも緩和できます。
 
 冬については、逆に熱を取り込むことを考えます。


 2点目は、断熱材の効果です。

 そもそも、家自体の断熱性能が低いと、設定通りの室温になりにくい。熱が自由に出入りするので、冷暖房のロスが大きいのです。室温が不安定では、外気温に眠りを妨げられてしまいます。
 
 これをどうにかするには、外壁や屋根、床下などにおける断熱材の使い方がとても重要です。適所に隙間なく、しっかり施工されているかどうかで、その効果は全く違うものになってしまうのです。新築で建てるときは、施工に注意してみてください。また、年数の経った住宅では、内部の断熱材が落ちてしまうこともあります。暑さ寒さが気になりだしたら、要チェックです。
 
 
 いかがでしょうか。
 
 この2点に気をつけ、冷暖房を上手に使うことで、快適な室内環境をの住まいに近づくでしょう。家で過ごす時間は、起きているよりも眠っているほうが長い、という人は多いはず。ぐっすりと眠れる住まいづくりを考えたいものです。

Posted by goshisuke : 22:13
< 業者による見積りの違い | メイン

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。