トップページ >> シックハウス症候群

スポンサード リンク

シックハウス症候群

 国土交通省は、平成14年に建材に含まれる「ホルムアルデヒド」の規制と換気について告示を行いました。これはなにかというと、「シックハウス」についての対処です。
 
 この、社会的に問題となっている「シックハウス」とは、どういったものでしょうか。


■ シックハウス症候群とは

 シックハウス症候群とは、住宅の新築や改装工事後に、住宅建材から室内に発生する「揮発性化学物質」や「ダニアレルゲン」が原因で居住者の体調不良、または、健康障害を引き起こす事をとされています。
 実は、その定義はまだ明確にされていません。
 
 「シックハウス症候群」の症状は多岐にわたっています。
 頭痛・喉の痛み・眼の痛みなど、比較的軽い症状から、鼻炎・嘔吐・呼吸器障害、果ては、めまいや皮膚炎までが上げられています。これほどさまざまなことが起きているにもかかわらず、病気としてのメカニズムも治療法も解明されていません。医療分野でも対応が整備されていないのが現状なのです。
 
 この現状を踏まえると、住他の施工は、建材メーカーや施工者にの頼るわけにいかないことがわかります。建築を依頼する側の消費者も、自らの手で安全・健康を確保する事を考えなくてはいけないようです。


■ シックハウス症候群と化学物質過敏症の違い

 シックハウス症候群と同様、「化学物質過敏症」も、同じような症状を示します。
 シックハウス症候群は住居内での知覚症状が多いのに対し、「化学物質過敏症」はあらゆる環境において過敏に反応してしまうという違いがあります。
 
 「化学物質過敏症」の症状が反応するのは、排気ガスやタバコの煙などの大気中の化学物質、化粧品や洗剤などに含まれる微量の化学物質などです。厄介なことに、きわめて普通に、どこにでもあるものに反応してしまうということです。そのため「化学物質過敏症」になってしまうと、日常生活にも大きな支障をきたす場合が多く、自宅を離れ療養生活を余儀なくされている方も少なくありません。
 
 「シックハウス症候群」も「化学物質過敏症」も、発症の原因は日常生活で最も多い時間を過ごす住居内の化学物質汚染によるものが多いと考えられています。なぜなら、新築・リフォーム後に突然発症したという例が多数報告されているのからです。
 
 発症時期とその可能性については、個人差が大きいようです。
 症状の、原因解明の妨げにもなっているようです。


■ シックハウス対策の規制を受ける化学物質

 原因がいまひとつ不明瞭な「シックハウス」ですが、「わからないから知らない」とも言ってられません。せっかく建てた住まいで、家族が「シックハウス」になってからでは遅いのです。
 
 シックハウスを起す可能性の物質を自宅に入れさせないため、「規制を受ける化学物質」を覚えておいてください。「クロルピリホス」と「ホルムアルデヒド」が、政府が規制する化学物質です。
 
 居室を有する建築物には、「クロルピリホス」を添加した建築材料の使用が禁止されています。「ホルムアルデヒド発散建築材料」は内装の仕上げの面積制限が設けられています。
 
 同時に、換気設備の設置も義務付けられています。
 見えない部分の天井裏なども、ホルムアルデヒドの発散の少ない下地材を建築材料とするか、または、天井裏等も換気できる機械換気設備をすえつける必要があります。


■ 規制の結果。

 建築基準法に基づくシックハウス対策に係る規制は、平成15年7月1日以降に着工された建築物(同年6月以前に確認済証の交付を受けたものを含みます。)に適用されます。同年の6月以前に着工されたものには、適用されていません。
 
 最近の住宅は、居住環境の快適性が求められています。気密性・断熱性の高まった反面、外出の多いライフスタイルは換気不足なども起します。このような、住スタイルの変化そのものも「シックハウス症候群」の要因の一つと考えられています。
 
 国土交通省による規制が出てからは、住宅業界を挙げて対策に取り組んでいます。シックハウス問題は以前に比べて沈静化されました。でも、化学物質の反応には個人差もあります。
 住宅を取得する際には慎重に。
 とくに、過敏症の方は、医師と相談しながら進めていきましょう。

Posted by goshisuke : 21:29
メイン | 家庭用の火災報知器 >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。