トップページ >> 住宅のコストダウンテクニック

スポンサード リンク

住宅のコストダウンテクニック

■ ローコストのアイデア

 住宅はできるだけ安く建てたいものです。
 誰もが願うところですが、これがなかなか難しい。
 いくら安かろうと、すぐに壊れてしまうのでは困りものですからね。安かろう悪かろうでは、本末転倒といえます。
 
 家を建てることになると、家族や他人の意見も集まってきます。また、自分のアイデアも試してみたい。
 
 「ああしようかな。」
 「こうすればいいよ。」

 考えはさまざまですが、今ひとつ具体性にかけるのではないでしょうか。
 そこで、住宅を建てるときに実際に行われたコストダウンの事例を探してみました。


■ 住宅のコストダウンテクニック

 1. 外壁材に小波スレートを採用すると、水性が高く安価で長持ち。
 
 2. 住宅の形状を箱型にすると、材料に無駄が出ないのでコストダウン。
    ・工事用の足場も組みやすくなるので工期も短縮。

 3. 壁の代わりに半透明の可動式扉(カーテンドア)。
    ・完全に仕切らないのでキッチンとリビングの間に重宝。

 4. 間仕切り壁のかわりに、収納庫を設置。
 
 5. 本格的な間仕切りを一切しない。
    ・将来的に家族が増えるとしても、まだ二人で予算も少ないなら間仕切りをカット。
    ・冷暖房の空気が逃げないように、階段や入り口には半透明のポリカーボネイトの戸を設置。

 6. シャワーしか浴びないのなら、浴槽を省いてしまう。洗面や脱衣スペースも広くなる。
 
 7. 階段の最下段に吸気の通気孔を設ける。
    ・床下を換気することで、湿気の痛みを回避。メンテナンスコストが削減される。
 
 8. タンスを捨てて収納スペースを作る人のも方法。
     タンスの見栄えの悪さをロールスクリーンで隠せばもっとコストダウン。

 9. 単純な作りつけ家具は、家具やに頼むより大工に頼んだほうが割安。
 
10.天井と壁材を統一。材料費の無駄を省き、室内の印象もまとまる。

11. 戸建用のドアは高価。アパート用のドアなら安価。

12. カーテンレールやカーテンなど、自分でできことは業者に頼まない。


■ 知恵をだすこと

 よくある基本から、ほほぅというものまで。
 一つ一つは地味で、大きなコストカットではないのですが、あれこれ取り合わせると複合的にコストを削減できます。住宅とは伝統とアイディアで建てるものです。

Posted by goshisuke : 22:38
< ローコストあれこれ | メイン

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。