トップページ >> 間取りとローコスト

スポンサード リンク

間取りとローコスト

■ 土地の形と狭さ

 住宅の間取りは、土地の形とおおきな関係があります。
 宅地としてもっとも活用できる形は、真四角の土地です。正方形のことですね。真四角というのは、シンプルなので、無駄のない形状の住宅が実現できます。何より、土地そのものに「つかえない無駄地」が発生しません。
 
 複雑な形の土地は、複雑な住宅を生んだり、敷地の中に使いにくい部分ができてしまいます。また、土地の一辺の長さが8m以下の場合にも、間取りの制約が多くなります。形状が悪い土地・狭い土地を購入する考えがあるのなら、購入の前に、どのような住宅が建てられるのか、十分なプランニングを検討します。
 可能なかぎり、形の良い土地を選んでください。

 土地の配置によっては、得することもあります。
 2つ以上の道路に接する土地は、建蔽率が10%優遇されることになっています。敷地の中で、住宅が占める割合が多いということは、それだけ融通のきいた設計ができますね。
 
 形状とともに、道路との関係もチェックします。
 
 
■ 予算に合わせて更にローコスト
 
 あなたは、理想的な土地を手に入れることができたとします。
 土地の条件がいいので、比較的大きな住宅が建てられそうです。
 
 ですが。
 思い描いた住いに近づけるには、予算が足りません・・・
 
 このように、予算と計画に大きな差があるのなら、一度にすべてを建てないという方法もあります。将来を見越した建築を計画し、部屋をユニットと考えて順を追って増築していくのです。
 
 はじめの部分は、予算に合わせて、必要最低限の間取りを作ります。玄関・居間・寝室、浴室・キッチン・トイレなどの水周りなど。寝室は居間と兼用でもいいかもしれません。やがて、子供が増えるのにあわせて、子供部屋や別の寝室などを増築していくのです。増築時に、間取りを変えるのもいいでしょう。
 
 どんな住宅を建てる場合も、「間取り」と「間仕切り」は別々で考えたほうが、自由度が高まります。間仕切りを設ける過ぎると、壁のコストに加えて、ドアや窓が必要となります。最近の流行として、キッチンとリビングをオープンスペースで作る住宅が増えているますね。これも、間仕切りを減らすための工夫です。
 
 空間につながりを持たせた家は、ローコストが可能であるとともに、住宅内の各部屋を広く使えるという大きなメリットがあります。風・光・視線が気持ちよく通る、閉塞感のない間取りを工夫したいものです。

Posted by goshisuke : 20:15
< ローコストの基本 | メイン | もうちょっと具体的に >

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。