<% if:page_name eq 'index' -%>
<% /if -%>
スポンサード リンク

住宅基準法 2007の改訂

■ 住宅基準法 2007の改訂

2007年の6月に、住宅基準法が、改訂されましたね。
「アネハ」の構造計算書偽装問題が発端となって、それまでの基準が見直されたのです。

それまでの建築審査は、景気回復を後押しする意味合いもあったことから、やや甘かったとさえいわれました。これが、突如・突然・「寝耳にウォーター」的に面倒ものに改訂されたのです。

建築の基準が厳密になるというのは、壊れにくく長持ちする住宅が建つ事になります。これは、住む側にとってメリットとなります。が、反面時間がかかったり、経費がかさんだりと、建てる際のデメリットもあるわけです。

国土交通省で確認したければ、どうぞ。改正項目の概要は以下のとおりです。

1 建築確認・検査の厳格化
2 指定確認検査機関の業務の適正化
3 建築士等の業務の適正化及び罰則の強化
4 建築士、建築士事務所及び指定確認検査機関の情報開示
5 住宅の売主等の瑕疵担保責任の履行に関する情報開示
6 図書保存の義務付け等

審査の「厳格化」は、さまざまなひずみを生み出している。
建築関係の友人は、そうこぼしてました。

建造物に影響のない部分での、ちょっとした誤字・転記ミスにさえもお目こぼし無し。そのたびに、全内容の再提出を求められるのです。

誤字というのは、なかなか、つぶせるものではありません。
チェックされた数文字を直しても、別の誤字が潜んでいる可能性はあるもの。膨大な文書の誤字を100%無くすのがどれだけ大変なのかは、誰しも一度は経験があるのではないでしょうか。

チェックの厳しさは、事前審査ばかりではありまえん。
施工中の設計変更についても、承認がおりるまで工事はストップさせられるとか。

また、住んでからの増築・改築についても、審査は厳しくなってます。とくに、鉄筋コンクリートつくりの住宅については、笑っていられない状況になりました。

「地下鉄筋コンクリート造で、1,2階木造」または、「1階鉄筋コンクリート造で、2,3階木造」の建物。

これらの増改築については、すでに建ててある鉄筋コンクリート部分についても、現行の基準に合わせる必要が出てきたのです。簡易だった構造計算も、精密なものが要求されるようになりました。

木造については、従来もそんな感じでしたので、さほど大きな問題にはなりません。
でも、鉄筋コンクリートの補強は、木造に比べて高額になるのです。

「 よけいなお金をかけるくらいなら、いまのままでもいいか 」
そう思う人が増えるのは、避けられませんね。

新しく建てる人・建て増しをする人。
どちらにとっても、ブレーキになる基準法改訂のようです。

Posted by goshisuke : 20:06 | Page Top ▲
< 政府が200年住宅構想 | メイン

住宅は、注文(オーダーメイド)なら、狭小でも間取り・設計にこだわりたい。プレハブ・分譲も借り入れ(住宅ローン)も贈与税、控除や減税が確定申告への影響・金利動向や推移等、アドバイザーに相談します。東京・新生・みずほなどの銀行が便利かも。火災保険と地震保険はそれぞれ保障が別個。2世帯(二世帯)・高齢者・バリアフリー・ローコスト・木造か鉄筋か、和風または洋風。火災警報器などの設備も含めて、供給先(メーカー・公団・供給公社)を比べること。例:フジ・大京・三井・日本・住友・三菱地所・東日本・都営・市営・大阪府営など。